東京国立博物館・特別展「手塚治虫のブッダ展」(2011年4月26日(火)〜2011年6月26日(日))特設サイトオープン

公式サイトによると【3月11日の東北地方太平洋沖地震にともなう諸情勢に鑑み、開館時間を変更いたします】とのこと。お出掛けの方はご確認ください。
特別展「手塚治虫のブッダ展」 が、東京国立博物館本館特別5室にて、 2011年4月26日(火)〜6月26日(日)の期間で開催されるようです。
東京国立博物館の内容説明を以下に引用します。
【”漫画の神様”といわれる手塚治虫。
 『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』などの名作で知られる手塚治虫がその晩年、10年以上の歳月をかけて制作した作品が『ブッダ』です。
 『ブッダ』は、仏教の開祖”釈迦”の生涯(仏伝)を手塚治虫独自の解釈で描いたもので、手塚の永遠のテーマである「命の尊さ」がダイレクトに感じられます。
 本展は、この『ブッダ』のオリジナル原画と仏像そのものを同じ空間に展示するという日本初の試みで、文化遺産と現代文化を融合しながら、手塚が追及したブッダの世界を間近に鑑賞していただこうとするものです。】
○公式サイト
http://www.budda-tezuka.com/