並木の里 第七十二号(『並木の里』の会)

「『並木の里』の会」さまよりいただきました。
NAMIKI70.jpg
並木の里 第七十二号(『並木の里』の会)
2010.8.31発行・1500円(送料込)
A5判・並製・92ページ
【目次】
『宇治拾遺物語』「御室戸僧正事・一乗寺僧正事」について●増古和子
鑑賞『宇治拾遺物語』十五、偶像化された武士棟梁の話(二)
 –第一二八、河内の守源頼信が平忠恒を攻める話–●高橋 貢
菅家後集「叙意一百韻」注釈補訂稿(八)●今浜通隆
 –平安朝漢文学の注釈的研究–
源氏物語植物考(その二十四)
 「竹河」の流れによって象徴される青年薫の内奥●高嶋和子
四季の彩り(二〇一〇・六・一)●高嶋和子
『本朝麗藻』全注釈(77)–作品(上の22)について其三–●今浜通隆
簡注『源氏物語』「桐壺」(上)●増淵勝一
代々御集精講(四)
 (1)『冷泉院御集』(その四)●田村由美子
 (2)『円融院御集』(その三)●増淵勝一
日本文化の紹介(5)–『伊勢物語』を薦める–●田村由美子