« 徳川美術館・東京文化財研究所、近世風俗画共同研究調査報告会「「本多平八郎姿絵屏風」「歌舞伎図巻」を中心に」(2011.1.29、東京文化財研究所) | メイン | 大学入試センター2011、国語の古文の問題は『保元物語』。 »

2011年1月17日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●古書の寄付のお願い(ウェスターン・ミシガン大学 准教授・ジェフリー・アングルス氏)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

●公式サイトはこちら

twitterで出回っていた情報の再掲です
ウェスターン・ミシガン大学で日本文学と翻訳論を教えているジェフリー・アングルス氏が、古書寄贈の告知を行っています。
【西ミシガン大学では、この数年間、日本語を勉強している学生も日本から来ている留学生も急増しておりますが、日本語の本が図書館にほとんどありません。そのため、日本語を勉強しているアメリカの学生は解読能力が充分身についていない状況が続いております。

自動車産業が経済的なベースだったミシガン州は、アメリカの中でとても経済的に困難な州なので、残念ながら、新本を大量に購入する予算はございません。日本では活字ばれの時代になっているとよく言われていますが、活字の面白さと日本文化の素晴らしさをどうしても学生に紹介したいと思い、是非に皆様のご協力をお願いしております。

日本の理解と日本語の能力を上げるために、只今大学のために日本語の本を集めております。私は2011年3月の冒頭まで東京大学の客員准教授として日本におりますので、その間になるべくいろいろな本を集めております。】とのこと。

詳細は、こちらに掲載されていますので、ぜひお読みください。


●グーグル提供広告