« 芭蕉翁記念館 企画展「芭蕉と旅 漂泊の魂」開催中(平成23年3月17日(木)まで) | メイン | 『日本語の研究』通巻244号(2011年1月)にて、秋永一枝『日本語音韻史・アクセント史論』が紹介されました »

2011年1月13日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●木簡の解読文字数、49に倍増...奈文研再調査で(読売新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【天智天皇の近江大津宮に関連するとみられる大津市の北大津遺跡(7世紀後半)から出土した「音義木簡」を、奈良文化財研究所が約30年ぶりに再調査したところ、解読できた文字数が、当初の約2倍の49文字に増えたことが、わかった。】(2011年1月10日、読売新聞)

●続きはこちら


●グーグル提供広告