« 『歴史評論』2010年11月号(広告掲載) | メイン | 「原爆文学研究9」(原爆文学研究会) »

2011年1月18日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●美夫君志会・萬葉研究誌『美夫君志』80・81号

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

美夫君志会さまよりいただきました。

mihukusi80.jpg

万葉集研究誌「美夫君志」
美夫君志會 

・80号(2010.3)

【目次】
『万葉集』における七夕歌の意義--季節の景物としての七夕--●大浦誠士
巻十七の構想--冒頭三十二首の役割について--●市瀬雅之
紀女郎歌と仏教●大脇由紀子
倭建命考--天皇と伊勢大神の紐帯として--●岡本恵理

・81号(2010.12)

【目次】
八世紀の文芸サイクル--地方から中央へ--●飯泉健司
語句分離方式の成立●廣岡義隆
巻八の相聞贈答--一六三三〜一六三五歌を中心に--●影山尚之
山上憶良「哀世間難住歌」の題詞の「哀」について●廣川晶輝

※頒価 2,200円

------------------------------------
●お問い合わせはこちらへ

〒466-8666
名古屋市昭和区八事本町101-2
中京大学文学部日本文学研究室内
美夫君志会


●グーグル提供広告