« 木簡の解読文字数、49に倍増...奈文研再調査で(読売新聞) | メイン | 『角屋案内記』(角屋もてなしの文化美術館) »

2011年1月13日

 記事のカテゴリー : 書評・パブリシティ情報

●『日本語の研究』通巻244号(2011年1月)にて、秋永一枝『日本語音韻史・アクセント史論』が紹介されました

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

『日本語の研究』通巻244号(2011年1月)にて、秋永一枝『日本語音韻史・アクセント史論』(笠間書院)の書評が掲載されました(32-38頁)。評者は、中井幸比古氏です。

●秋永一枝『日本語音韻史・アクセント史論』(笠間書院)


●グーグル提供広告