『日本語の研究』通巻244号(2011年1月)にて、秋永一枝『日本語音韻史・アクセント史論』が紹介されました

『日本語の研究』通巻244号(2011年1月)にて、秋永一枝『日本語音韻史・アクセント史論』(笠間書院)の書評が掲載されました(32-38頁)。評者は、中井幸比古氏です。
●秋永一枝『日本語音韻史・アクセント史論』(笠間書院)