« 『国語と国文学』(2010年12月号)にて、植田恭代『源氏物語の宮廷文化 後宮・雅楽・物語世界』が紹介されました | メイン | 白百合女子大学言語・文学研究センター編『映画と文学』(弘学社) »

2010年12月28日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●田渕句美子著『新古今集 後鳥羽院と定家の時代』(角川学芸出版)他

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

角川学芸出版さまよりいただきました。

ssss.jpg

●公式サイトはこちら

田渕句美子『新古今集 後鳥羽院と定家の時代』

[ 内容 ]
歌に目覚めた後鳥羽上皇。そこには藤原俊成、定家、良経など、新たな手法で歌を詠む廷臣たちが揃い、式子内親王、俊成卿女、宮内卿など、女性歌人も顔を並べ、宮廷をあげて歌に明け暮れる稀有な時代が幕をあけた。

発売日:2010年 12月 25日
定価(税込): 1890円
四六判
ISBN 978-4-04-703481-5-C0395

406417-4.jpg

●公式サイトはこちら

瓜生中『知っておきたい般若心経』

誰でも一度は耳にしたことがある「般若心経」には何が書かれているのか?

[ 内容 ]
わずか262文字に圧縮された、この経典には何が書かれており、これを唱えたり写経するとどんなご利益が得られるのか。知っているようで知らない般若心経の基礎を知り、一切の苦厄を取り除く悟りの真髄に迫る。

発売日:2010年 12月 25日
定価(税込): 540円
文庫判
ISBN 978-4-04-406417-4-C0115


●グーグル提供広告