藤井貞和『日本語と時間–〈時の文法〉をたどる』(岩波新書)

藤井貞和氏よりいただきました。
s1284.jpg
日本語と時間–〈時の文法〉をたどる
藤井貞和著
岩波新書(新赤版1284)
# 新書: 256ページ
# 出版社: 岩波書店 (2010/12/18)
# ISBN-10: 4004312841
# ISBN-13: 978-4004312840
●版元による紹介ページはこちら
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn1012/sin_k563.html

■目次
始めに
序章 — 時、もの、こと
一章 時のありか — krsm四面体
二章 遡る時の始まり –「けり」の性格
三章 過去を表示する –「き」の性格
四章 時間の切実さ –「ぬ」と「つ」
五章 古代を乗り越える力 –「たり」の本性
六章 時と技巧 –通時論的に
七章 言文一致への過程 –「た」の成立
結章として
あとがき
事項索引/人名索引