平城宮跡:「九九」を記した木簡見つかる 勉強に利用か(毎日新聞)

【奈良時代に役所があったとされる平城宮跡(奈良市)の東方官衙(かんが)地区で08年に出土した大量の木簡の中から、「二九十八」や「四八卅二」など両面に「九九」を記したものが見つかった。奈良文化財研究所が3日刊行した概報で報告した。同研究所は役人が勉強に使っていたとみている。】つづきはこちらから。奈文研の渡辺晃宏・史料研究室長のコメントあり。