« 12月18日(土)日本テレビ「世界一受けたい授業」に山口仲美氏(明治大学)が出演 | メイン | 2011年10月20日に東洋文庫ミュージアムがオープン(PRONWEB WATCH) »

2010年12月 9日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●報告書「文理融合型文化財修復科学の確立を目指した紙文化財修復法の妥当性評価」 研究代表者 江前敏晴(東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

特種紙商事株式会社が運営するサイト、ブログもんじょ箱に江前敏晴(東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授)による、報告書「文理融合型文化財修復科学の確立を目指した紙文化財修復法の妥当性評価」 が紹介されています。【和紙を基材にした古文書などの修復の際に水を使ったクリーニングが一般的に行われています。紙に付着した汚れや有機酸を取り除くのに有効な処置です。虫損の補修に麩糊を使い補修紙を糊付けすることも修復技術として普及しています。一方これらの技術を適用すると資料が大量の水の洗礼を受けることになります。修復の際に使われる水の紙への影響などを調べたのが本報告書の内容です。】とのこと。
ぜひ、ごらんください。

報告書「文理融合型文化財修復科学の確立を目指した紙文化財修復法の妥当性評価」 研究代表者 江前敏晴(東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授)(ブログもんじょ箱)


●グーグル提供広告