« 『コンテンツ文化史研究』4号(2010年10月刊行)他 | メイン | クリスマス研究集会2010・「無住 その思想とテクストをめぐって」(2010.12.23-24、名古屋大学文系総合館7F) »

2010年12月 9日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『現代文学史研究』第15集(現代文学史研究所)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

現代文学史研究所さまよりいただきました。

1883-1613-15.jpg

『現代文学史研究 第15集』
A5判・94頁
2010.12.1発行

発行所・現代文学史研究所
〒215-0027
神奈川県川崎市麻生区岡上125-4
電話・fax 044-986-3760

現代文学史研究所○ブログはこちら

▼目次
幽鬼と出会う--梅崎春生「幻化」をめぐって/諸田和治
川端康成「日向」論--事実と虚構のあいだ/野中 潤
高見順の詩を読む--散文か詩か/倉持三郎
私の敗戦後文壇史(連載第八回)七 三島由紀夫の季節(壱)/大久保典夫
羽染竹一先生を偲んで/鏡味國彦
棟田博『子供にきかせる 戦場の話』論--兵士たちの生き方を探る/根本正義
夏期研修合宿における研究発表--『現代文学の変質』の一部紹介/郡 継夫
村上春樹の帰還と脱出 「図書館奇譚」から「ふしぎな図書館」へ/大井田義彰
1Q84年のその先へ--『1Q84』BOOK4を夢想する/山根正博
脳時代の小説 村上春樹『1Q84』と瀬名秀明『BRAIN VALLY』/岩田真志
【書評】根本正義著『国語教育とマンガ文化』/中村哲也


●グーグル提供広告