大仏殿で発見の刀、1250年不明の正倉院宝物(読売新聞)

【奈良市の東大寺・大仏殿内で明治時代に見つかった国宝・ 鎮壇具 ( ちんだんぐ ) のうち2本の 金銀荘大刀 ( きんぎんそうのたち ) (ともに刃長約80センチ)が約1250年間、所在が確認されていなかった正倉院宝物の大刀「 陽寶劔 ( ようのほうけん ) 」「 陰寶劔 ( いんのほうけん ) 」だとわかり、同寺と元興寺文化財研究所が25日、発表した。】(2010年10月25日、読売新聞)

●続きはこちら

●こちらに全体の写真が掲載されています(毎日新聞)