« 表象文化論学会 第5回研究発表集会(2010年11月13日(土)、東京大学駒場キャンパス) | メイン | 第8回 対照言語行動学研究会(2010年12月4日(土)、東京工業大学(大岡山キャンパス)) »

2010年10月26日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●大仏殿で発見の刀、1250年不明の正倉院宝物(読売新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る



【奈良市の東大寺・大仏殿内で明治時代に見つかった国宝・ 鎮壇具 ( ちんだんぐ ) のうち2本の 金銀荘大刀 ( きんぎんそうのたち ) (ともに刃長約80センチ)が約1250年間、所在が確認されていなかった正倉院宝物の大刀「 陽寶劔 ( ようのほうけん ) 」「 陰寶劔 ( いんのほうけん ) 」だとわかり、同寺と元興寺文化財研究所が25日、発表した。】(2010年10月25日、読売新聞)


●続きはこちら


●こちらに全体の写真が掲載されています(毎日新聞)



●グーグル提供広告