« 大谷大学 宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌記念 2010年度特別展「親鸞-その人と生涯-」開催中(11月28日(日)まで) | メイン | 柿衞文庫「鬼貫のすべて」展(平成22年11月3日(水・祝)~12月19日(日))&関連講座(2010年11月6日(土)より) »

2010年10月14日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●難波宮跡近くで宮殿の白壁出土、焼けた痕跡も 日本書紀記述裏付け(産経新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る



【国史跡「難波宮(なにわのみや)跡」(大阪市中央区)近くで、古代史最大のクーデター「大化の改新」(645年)後に孝徳天皇が築いた「難波長柄(ながら)豊碕(とよさき)宮」の宮殿に使われたとみられる土壁の破片が大量に見つかり、大阪市博物館協会・大阪文化財研究所が13日、発表した。土壁の一部は表面が白く塗られ、宮殿が白壁だったことが判明。高熱で焼けた痕跡もあり、686年に宮殿が焼失したという日本書紀の記述を裏付けた。宮殿跡で白壁が出土したのは全国初という。】(2010.10.13、産経新聞)


●続きはこちら



●グーグル提供広告