開高健が育った大阪の家公開 旧友が思い出語る(47news)

【中学で同じクラスだった金戸述さん(79)は六十数年前、開高さんからこの家で「取っておいたら金になるで」と、原稿用紙に書かれた小説を渡された。タイトルは「人間万事金次第」。一読した金戸さんが「なんや西鶴のまねやないか」と指摘し、笑い合ったという。】
つづきはこちらから。47news。