本の虫食い、CO2で防げ 国立国会図書館の対策奏功(朝日新聞)

【書籍類の虫食い被害防止に、国立国会図書館が本格的に取り組んでいる。外部から持ち込まれた書籍類が虫に食われたり、虫の餌となるカビが広がったりという被害が急増。二酸化炭素ガスで虫や卵を窒息させる手法を採り入れ、効果が出ている。同図書館は国内外の他の図書館にもノウハウを提供している。】(2010年8月17日、朝日新聞)
●続きはこちら