アイヌ語:日本語の対訳を記録した古文書 福井で発見(毎日新聞)

【江戸中期に全国を行脚した越前出身の僧侶・空念が、1704(宝永元)年に蝦夷(北海道)でアイヌ語と日本語の対訳を記録した古文書が、福井市南山町の普門寺で見つかった。記録年が明らかなアイヌ語集としては国内最古。研究者は「語数が豊富で、内容も幅広い。アイヌ語の古い史料はほとんど現存しておらず、一級の史料だ」としている。】北海道大の佐藤知己教授(言語学)のコメントあり。
つづきはこちら。毎日新聞。