« 早稲田大学高等研究所 2011年度 (任期付)研究員募集(締切・2010年7月28日(水) 17時(日本時間)) | メイン | 国立歴史民俗博物館、平成22年度共同研究について、情報掲載 »

2010年7月16日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●遣唐使「円仁」足跡 中国で発見(朝日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【9世紀の中国での人々の暮らしや信仰の姿を伝える詳細な記録「入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいこうき)」を残し、比叡山を日本仏教の母山へと発展させた天台僧、慈覚大師円仁(えんにん)(794〜864)。その名を刻んだ石板が中国河南省登封市の法王寺で見つかった。苦難を乗り越え民衆の仏教をもたらした高僧の姿が、千年以上の時を超え浮かび上がってきた。 】
つづきはこちら。朝日新聞。


入唐求法巡礼行記研究会サイトはこちらから。


●グーグル提供広告