« 武蔵大学総合研究所「日韓文学交流の現在・過去・未来--李箱(イサン)生誕100周年記念国際学術シンポジウム」(2010年7月16日(金)、17日(土)) | メイン | 明治大学 政治経済学部(2010年度)入学試験 問題冊子 »

2010年7月 6日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●友の詩集に「鬱の字使わないで」朔太郎の書簡、憂愁の詩人の素顔(朝日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【詩人の萩原朔太郎(1886〜1942)が詩友らにあてた全集未収録書簡の解読が、故郷前橋市の前橋文学館で進められている。自分用に取っておいたと主張する「鬱(うつ)」の字を詩集の題名に使わないでと懇願し、32歳の新婚生活について「夢の中のミステリツクな事実のやう」と吐露するなど、憂愁の詩人の人間味豊かな素顔がかいま見える。】(2010年7月6日、朝日新聞)

●続きはこちら


●グーグル提供広告