« 土方洋一『物語のレッスン 読むための準備体操』(青簡舎) | メイン | 斎藤純男著『言語学入門』(三省堂) »

2010年7月 2日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●小川陽一 著『風月機関と明清文学』『明代の遊郭事情 風月機関』(汲古書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

汲古書院さまより、小川陽一氏の著作2冊、いただきました!


1■『風月機関と明清文学』

9784762928796.jpg

公式サイトはこちら!

小川陽一著
ISBN 9784762928796
判型・ページ数 A5・180ページ
定価 本体4,000円+税

【はしがき】より

本書は『明代の遊郭事情風月機関』(平成十八年三月、汲古書院)の姉妹編である。前書には、明代の日用類書に収められている『風月機関』所収の本文・原注および訳者注を載せた。本書には前書の訳者注に続いて、新たに『風月機関』所収の遊郭関連記事と通じ合う明清の小説・戯曲・詩歌などの記述を拾い上げ、補注として載せた。これによって、いささかなりと『風月機関』の理解を深めるとともに、明清文学の遊郭関連記述の理解も深めようとした。前書では、『風月機関』の本文(影印と翻刻)と原注の翻訳が中心で、その本文・原注自体が「明代の遊郭事情」であるが、その情報を補足拡大した訳者注は、ごく簡単なものに止めた。それは、前書の凡例に掲げたように、関連する文学作品の指摘や比較考察は、別書に譲る原則に従ったからである。本書がその別書に相当するものである。

 中国には、わが国の藤本箕山の『色道大鏡』に代表されるような、体系的でかつ壮大にして具体的な遊里の風俗史的・社会史的な研究資料は存在しない。清末の虫天子が編纂した『香艶叢書』には、三百余種の女性関連詩文の書が収められており、少なからぬ妓女遊郭関連記事も含まれてはいるものの、その多くは妓女の事跡や詩詞で、妓女や遊里の社会史的な記録は稀である。『風月機関』はその『香艶叢書』にも収められていない貴重な資料だが、それとても『色道大鏡』には及ぶべくもない、ささやかなものである。明清の遊郭の具体的な情況は、当時の小説・戯曲・詩歌などの中に散在する断片的な記述を寄せ集めることによってしか、知り得ないのが現状である。なお明清文学と称してはいるが、実際には、一部元雑劇を含む明末清初を中心とする、十六世紀ころから十八世紀ころの作品が主であることも申し添えておきたい。


2■『明代の遊郭事情 風月機関』

4762927619.jpg

公式サイトはこちら

小川陽一著
ISBN 9784762927614
判型・ページ数 A5・168ページ
定価 本体3,000円+税

○内容説明
中国日用類書に収めれらる「妓女」・「遊郭」 に関する作品『風月機関』 と、 『開巻一笑集』 巻二所収「娼妓述」「娼妓賦」 の、 本邦初の日本語訳である。 中国における遊郭・妓女の素顔を知る貴重な資料である。 現代語訳と原文の影印、 詳細な解題を付して提供する。


●グーグル提供広告