« 平成22年度 第2回西行学会大会(2010年8月28日29日(土日)、新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」) | メイン | 斎宮歴史博物館・平成22年度企画展「海 ‐伊勢と志摩の海」(7月31日(土)〜8月29日(日)) »

2010年7月23日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●西行学会編『西行学 vol.1』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

00401.jpg

ISBN978-4-305-00401-7
A5判・並製・220頁(予定)
定価:本体4,200円(税別)

購入はこちらから(版元ドットコム・送料無料) ※版元ドットコムを除くインターネット書店では8/20現在まだ販売しておりません(まもなく対応します)。


2009年4月に設立された新しい学会「西行学会」の機関誌、「西行学」の創刊号です。

この学会は、「巨人」「自由人」たる西行を発見すべく、文学、宗教、歴史、地理、民俗、芸能、説話伝承等、ジャンルを超えて、「西行学」の名の下に、開かれた場を作ろうとするものです。
越境する西行、脱領域する西行を、「西行学」の名の下に再構築していきます。

創刊号は、学会設立後に開催したも講演会から久保田淳、錦仁、阿部泰郎らの講演を収録。また、第1回大会のシンポジウム「西行研究の現在と課題」の記録として、山折哲雄らの講演を収録しました。
また、研究論文の他、【研究ノート】、【西行ノート】、【分野別西行研究史概観】、【西行関係研究文献目録】、【書評】、【時評】など、「西行学」としての輪郭を構築すべくぬかりなく各所へ目を配った内容となっています。

ぜひ一度お手にとってご覧下さい。

■西行学会会員になりませんか■

西行学会会員以外にも一般の書籍同様、書店にてご注文いただけるようにと、書籍として刊行いたしました(年1回刊)。
定期ご購入をご希望の場合は入会されたほうが金額的にお得です。詳しくははこちらのページで会費等をご確認ください。また、本学会、西行学会の詳細も記してあります。
学会設立趣旨等、ぜひお読み頂ければと思います。
http://kasamashoin.jp/saigyo.html

本書は第2回西行学会大会(2010年8月28日29日(土日)、新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」)で先行販売いたします。お早めに入手したいかたは、ぜひ大会へお越し下さい。大会内容はこちらです→ http://kasamashoin.jp/2010/07/222201082829.html

---【目次】---

【講演記録】
久保田淳●西行を読む
錦仁●変容するテキスト----新潟県の西行伝説を検証する----
阿部泰郎●西行における〈神〉の発見----参宮というテクスト----

【シンポジウム記録----西行研究の現在と課題----】
花部英雄●西行と昔話と歌謡
山口眞琴●西行説話研究の可能性----和歌の表現性、三昧僧的位相などについて----
佐藤弘夫●西行における「山」と救済
山折哲雄●西行の断食往生

【研究論文】
山本章博●西行と海浜の人々
宇津木言行●西行のことば----民俗語・職掌語・宗教語に注目して----
小林幸夫●西行谷神照寺の遁世説話
小堀光夫●「西行」地名考----山梨県南部町西行をめぐって----

【研究ノート】
内藤久義●「西行物語絵巻」の蹴られる子供----身体行為・しぐさからの検討----

【西行ノート】
藤本勝美●西行法師とふる里王越

【分野別西行研究史概観】
〈仏教〉
山田昭全●仏教の視点から見た西行研究史概観
〈伝承学〉
松本孝三●西行伝承研究の視点と可能性

【西行関係研究文献目録】
総合版----一九八九-一九九一年
地方文献版----山形県

【書評】
近本謙介●山口眞琴著『西行説話文学論』

【時評】
「西行学」界時評・二〇〇九

平成22年度第2回西行学会大会プログラム
西行学会会則
編集後記


●グーグル提供広告