寺院創建年、一目瞭然の推定法 「雨落溝」列数から 奈文研(産経新聞)

【6〜8世紀の飛鳥、奈良時代の寺院や宮殿の築造年代について、発掘調査でしばしば出土する石組みの排水路「雨落溝(あまおちみぞ)」の構造変化から導き出すユニークな推定方法を、奈良文化財研究所研究員が提唱した。】
●つづきはこちらから・産経新聞