« 福岡大学日本語日本文学 第19号 | メイン | 西尾市岩瀬文庫『本草図説 八 鳥』・『西尾・三河絵図集成〈西尾市岩瀬文庫叢書四〉』 »

2010年6月 9日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『年報 福永武彦の世界』第1号

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

近藤圭一氏よりいただきました。

hukunaga01.jpg

●公式サイトはこちら

『年報 福永武彦の世界』第1号

科学研究費補助金プロジェクト
「昭和文学の結節点としての福永武彦--古事記からヌーヴォロマンまで」
年次報告書

2010年3月31日発行
B5判・並製・80頁

【目次】
ご挨拶 近藤 圭一

福永武彦と私
 〈聖なる〉響き --福永文学に共鳴するもの--●西岡 亜紀
 福永武彦の「文学的行動」について●岩津 航

福永武彦 没後三〇年記念シンポジウム
 福永文学の新しい可能性をめぐって●菅野 昭正/清水 徹/山田 兼士
 シンポジウム所感●山田 篤朗
 福永武彦と神話と書く行為●李 哲 権
 シンポジウムを終えて●近藤 圭一

論考
 福永武彦とドストエフスキイ●近藤 圭一

証言
 病床の福永武彦を診察して(上)●小井土 昭二(聞き手・解説・近藤圭一)

福永武彦研究アーカイヴ
 詩と音楽----ボードレールから福永武彦へ(1)●山田 兼士

後記 


●グーグル提供広告