« 和歌文学会 第103回関西例会(2010年7月3日(土)、京都光華女子大学) | メイン | 『조선의 음담패설 紀伊齋常談』 »

2010年6月 7日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●西山美香編『アジア遊学 132 東アジアを結ぶモノ・場』(勉誠出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

勉誠出版さまよりいただきました。

585-10429-2.jpg

●公式サイトはこちら

アジア遊学 132
東アジアを結ぶモノ・場
西山美香 編
定価 2100円(本体2000円)
刊行日2010年5月
サイズ・頁数 A5判 並製 ・ 248頁

内容紹介・解説
「モノ」から見る東アジア文化交流史
東アジアを行き交う「モノ」、モノが受容され、使用され、再文脈化される「場」。その諸相を、史学・文学・美術史・宗教史など、多角的な見地から検証することにより前近代の東アジア海域における多義的・重層的な文化・社会のありようを鮮烈に描き出す。

目次 海を渡った密教法具/久保智康
入唐僧と檀印/佐々木守俊
仏像とともに海を渡った鏡--清凉寺釈迦如来像/瀧 朝子
平安時代中期の天台浄土教とその美術/吉村稔子
モノの極北--ツクモ・心・コトバ/荒木 浩
『香要抄』の宋海商史料をめぐって/山内晋次
宋銭の流通と平家の対応について/高橋昌明
久米田寺の唐人--宋人書生と真言律宗/横内裕人
麈尾と戒尺/蓑輪顕量
浄智寺の奇瑞--福州版大蔵経焼失と舎利現出/西山美香
「忠臣」、海を渡る--日中における文天祥崇拝/水越 知
楊貴妃観音像の〈誕生〉/西谷 功
中世対馬宗氏領国の海域交流保護政策/荒木和憲
大内氏の唐物贈与と遣明船/橋本雄
硫黄使節考--日明貿易と硫黄/伊藤幸司
明清交替期の普陀山と日本--大蔵経日本渡来事件を中心に/藤田明良
〈中華〉の肖像、あるいは徳川日本のセルフイメージ/松島 仁
慶長小袖の時代性--中国・韓国の染織品と比較して/澤田和人
港町長崎の危機管理--転換点としてのフェートン号事件/松尾晋一


●グーグル提供広告