上田秋成しのび202回忌法要 愛好者や研究者ら参列(京都新聞)

【怪異小説「雨月物語」で知られる江戸中期の読本作家、上田秋成の202回忌法要が27日、ゆかりの京都市左京区の西福寺で営まれた。秋成を愛読する市民でつくる「秋成を語る」会が初めて主催、愛好者や研究者ら約70人が講演や琵琶演奏を聴いた。】(2010年06月27日、京都新聞)
●続きはこちら