« 東京国立博物館・特集陳列「能「江口」の面・装束」関連事業「夕すずみ能」(2010年8月27日(金)、平成館大講堂) | メイン | 二松學舎大学人文学会 第101回記念大会(平成22年6月19日(土)) »

2010年6月 1日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『北村透谷研究』第21号(2010年6月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

北村透谷研究会 鈴木一正氏からいただきました。

TOUKOKU_VOL21.jpg

2010/6/5・A5判・並製・60頁

目次

初出本で読むということ●橋詰静子
『楚因之詩』の〈牢獄〉について--『楚因之詩』現代語訳注記--●堀部茂樹
北村透谷と八王子の生糸試論--明治二〇年六月の横浜生糸商況から--●尾西康充
北村透谷「二宮尊徳翁」小考--二つの尊徳論--●槇村滉二
透谷初期評論の民衆像--貧民救済論を手がかりに--●鶴巻孝雄
武相学友会と透谷●松崎 稔
第三十五回北村透谷研究会全国大会印象記●黒木 章
第三十五回北村透谷研究会全国大会報告記●堀部茂樹
透谷と壬太郎●川崎 司
北村透谷とエマソン参考文献目録●鈴木一正

●研究会事務局
〒161-8539
東京都新宿区中落合4-31-1
目白大学社会学部 橋詰静子研究室内
電話 03-5996-3139


●グーグル提供広告