« 今西幹一・山口直孝編『二松學舍の学芸』(翰林書房) | メイン | 神戸女子大学 古典芸能研究センター紀要・3号 »

2010年5月 7日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●尾崎左永子著『尾崎左永子の語る 百人一首の世界』(書肆フローラ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

尾崎左永子氏よりいただきました。

901314-17.jpg

『尾崎左永子の語る百人一首の世界』
尾崎 左永子 著
出版社 書肆フローラ
2,625円(2,500円+税)

●ジュンク堂書店のサイト

【目次】

プロローグ かるたとしての『百人一首』
第一章 王朝和歌--『百人一首』への道のり
第二章 『百人一首』の成立
第三章 六歌仙の人々
第四章 三十六歌仙の人々
第五章 中古三十六歌仙の人々
第六章 『新古今』の人々
第七章 後鳥羽院と藤原定家
第八章 ことば遊び
第九章 『百人一首』の不思議
あとがき


●グーグル提供広告