« 上田正昭著『大和路の旅』(角川学芸出版) | メイン | 科研費、「ガバナンス強化すべき」と結論(TBS動画) »

2010年4月27日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●小林多喜二 18歳の短編発見 新聞に投稿の最初期作品(毎日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【「蟹工船」などで知られるプロレタリア作家、小林多喜二(1903〜33)が、小樽高等商業学校(現小樽商科大学)在学中に新聞に投稿した全集未収録の短編小説が発見された。北海道小樽市立小樽文学館が21日、発表した。公に発表された多喜二の最初期の作品とみられ、同館では「投稿を始めたころの多喜二を知る貴重な資料」と話している。】つづきはこちらから。毎日新聞。

なお、小樽文学館の公式サイトに、今回発表された短編「スキー」が公開されている。
『市立小樽文学館報』33号PDF
です。


●グーグル提供広告