« 松本和也『太宰治の自伝的小説を読みひらく―「思ひ出」から『人間失格』まで』(立教大学出版会) | メイン | 『国語と国文学』平成22年5月特集号(広告掲載) »

2010年4月14日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●日本史研究会がインターネット中継を実験中

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

1945年創立の、日本史研究会が、インターネット中継を実験中です。

直近の予定は、2010年4月例会。
4月17日(土)13時より中継開始予定とされています。
以下のページをご確認ください。

日本史研究会によるイベントの中継ページ(実験中)

例会を中継してしまうところに、心意気を感じます。

なお、例会内容は以下の通り。
詳細は公式サイトをご確認下さい

------

日時 4月17日(土)午後1時〜午後5時
場所

* 機関紙会館5階大会議室

o  京都市上京区新町通り丸太町上ル東側

o  地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分

o  または市バス府庁前下車すぐ

テーマ 「地域歴史資料と歴史研究」
報 告

* 福島 幸宏氏(京都府立総合資料館)

o  「公文書管理法以降の歴史学の方向性」

* 佐賀 朝氏(大阪歴史科学協議会)

o  「大阪府・市公文書館問題と地域歴史資料保存・活用の課題」

* 松下 正和氏(神戸大学)

o  「大規模災害時における被災史料保全活動の現状と課題」

後援:全国歴史資料保存利用連絡協議会近畿部会

入場無料。一般来聴歓迎。

お問い合わせは、日本史研究会 〇七五(二五六)九二一一


●グーグル提供広告