岡本かの子から川端康成へ、未公開書簡60通(読売新聞)

【戦前を代表する女性作家で歌人の岡本かの子が、ノーベル賞作家の川端康成(1899〜1972年)にあてた未公開の書簡60通が現存していることが、8日分かった。
 10歳年下の川端の才能を慈しんだかの子は、後年、川端に師事を請うている。両者の関係の推移を裏付ける「第一級の資料」(川端文学研究者の平山三男氏)とみられる。】(2010年4月9日03時13分 読売新聞)
●続きはこちら