2010年4月13日 資料の大規模デジタル化に伴う原資料の利用停止について(国立国会図書館)

●公式サイトはこちら
以下、引用します。
——————–
2010年4月13日 資料の大規模デジタル化に伴う原資料の利用停止について
国立国会図書館では、平成21年より、所蔵資料の大規模デジタル化を実施しています。
デジタル化作業のため、東京本館および国際子ども図書館において、下記の予定で一部の資料の利用を停止します。お知らせは、館内掲示等でも行います。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
●東京本館
■図書
(1)戦前期に刊行された和図書の一部 約5万冊
*請求記号が000〜999で始まるもの(NDC)、アルファベットのA〜Yで始まるもの(NDLC)等の一部
※9月まで、請求記号が400〜799で始まるもの(旧凾架)、カタカナで始まるもの(講義録)、特8〜72で始まるもの(明治期乙部)等の一部(約7万3千冊)も利用を停止しています。
(2)戦前期に国内で刊行された洋図書の一部 約1万冊
*請求記号が000〜999で始まるもの(DDC)、アルファベットのA〜Yで始まるもの(NDLC)等の一部
(3)戦後刊行された和図書の一部(昭和43年以前に刊行されたもの) 約26万冊
*請求記号が000〜999で始まるもの(NDC)等の一部
利用停止期間:平成22年5月〜平成23年3月(予定)
問合せ先:資料提供部図書課・調査及び立法考査局議会官庁資料課
■雑誌
昭和期〜平成12年に刊行された和雑誌(一部明治・大正期刊行を含む)のうち、劣化がひどいものや雑誌記事索引の採録対象となっているもの 約4700タイトル
※9月まで、請求記号が「雑」で始まるもの(雑凾)の一部(約2万7千冊)も利用を停止しています。
利用停止期間:平成22年4月下旬〜平成23年3月(予定)
問合せ先:資料提供部雑誌課
■古典籍資料
江戸期以前の和漢書(貴重書を含む)および明治以降に刊行された和図書等(古典籍資料室所蔵) 約7万冊
*貴重書:請求記号がWA、WB、本別、寄別、貴、貴箱で始まるもの
*その他資料: 請求記号が特1、特7で始まるもの、100〜249、800〜899で始まるもの、十二支で始まるもの(十二支凾)、「い」「ろ」「は」・・・で始まるもの(いろは凾)、「京」で始まるもの(京凾)等の一部
利用停止期間:平成22年5月〜平成23年3月(予定)(一部9月から利用できます)
問合せ先:主題情報部古典籍課
●国際子ども図書館
■図書
昭和43年以前に刊行された児童書 約3万8千冊
*請求記号が「児」および「Y」で始まるものの一部
利用停止期間:平成22年4月下旬〜平成23年5月(予定)
■雑誌
昭和45年以前(一部平成12年以前)に刊行された児童雑誌 552タイトル
利用停止期間:平成22年5月〜平成23年5月(予定)
問合せ先:国際子ども図書館資料情報課
※ご来館の際は、事前にNDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索・申込システム)で利用可能かどうか確認されることをお薦めします。
●資料のデジタル化についての問合わせ先:
総務部企画課 大規模デジタル化実施本部事務局
問合せ先:03-3581-2331(代表)