跡見学園女子大学文学部・コミュニケーション文化学科『コミュニケーション文化』vol.4

跡見学園女子大学文学部・コミュニケーション文化学科さまよりいただきました。
●公式サイトはこちら
atomi4.jpg
跡見学園女子大学文学部・コミュニケーション文化学科
『コミュニケーション文化』vol.4
A5判・202ページ・並製
2010.3.18発行
【目次】
〈コミュニケーションと教育〉
○「声のプロジェクト」による共創教育の実践研究/青木幸子
○文章論–『文章練習帳』批判から–/土屋博映
○「ヒット商品」から見た社会とコミュニケーション/伊東裕貴
○Perspectives on Criteria for an ESL Textbook Appropriate for Japanese University Students/Karen Mack
○アナログ効果音のデジタルアーカイブ化/大久保博樹・野村正弘
○大学レベルにおける基本的なコミュニケーション能力育成
 –大学初年度教育としての日本語運用能力育成プログラム–/村越行雄
○香筵とコミュニケーション–過去・現在・未来を結ぶ–/上村代志子
○「あいさつ」の現在–「あいさつ」の発生(4)/髙橋六二
〈文化と文学〉
○グリム童話「一つ目、二つ目、三つ目」の物語/金成陽一
○ミュンヘンにおける観光事情/山田徹雄
○ベトナムの食生活調査–日本の女子学生との比較–/道本千衣子
○ヴァージナル–新座に根付く古楽文化–/鈴木 暁
○言葉のかなたへ/梅宮創造
○五戸寺鐘伝奇–日越交流から平和にむけて/林 正子
○諳厄利亜語事始/浅原義雄
○特定文化から見るコミュニケーション
 –所属文化と共有文化による人間関係の分析–/村越行雄
〈研究ノート〉
○栃木県川俣の「元服式」の意味
 –「若衆組」とイニシエーションの観点から–/藤崎康彦
〈コミュニケーションの世界〉
○「旅への誘い」/浅原義雄
○コミ文って、こんなところ/土屋博映
○長岡京の大歌所/髙橋六二
編集後記