« 南方熊楠顕彰館・第8回 特別企画展開催「南方熊楠と牟婁新報」開催中(平成22年5月5日(水)まで) | メイン | 東京国立博物館・平常展にて「国宝 古今和歌集 元永本」が展示されます(2010年4月13日(火)〜5月30日(日)) »

2010年3月26日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●演目は「延喜楽」、平等院の壁画 近赤外線調査で判明(京都新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【京都府宇治市の平等院鳳凰(ほうおう)堂内にある国宝壁画「仏後壁」の調査で、壁画に描かれた舞楽の下絵線が見つかり、この舞楽の演目は平安期に作られた「延喜楽(えんぎらく)」であることが、24日までに確認された。平安期の舞楽の動きが絵で確認できたのは初めてという。】(2010年03月24日(水)、京都新聞)

●続きはこちらから


●グーグル提供広告