« 廣岡義隆先生最終講義の条(ブログ・yaaさんの宮都研究) | メイン | 林真理子著『六条御息所 源氏がたり』が小学館より刊行されます »

2010年3月23日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●高木和子『男読み 源氏物語』(朝日新書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

高木和子氏よりいただきました。

4022732237.jpg

Amazonで買う!

男読み源氏物語

高木 和子【著】
朝日新聞出版 (2008/07/30 出版)

250p / 18cm
ISBN: 9784022732231
NDC分類: 913.36
価格: ¥777 (税込)

■詳細

人脈と情報を駆使して出世競争を勝ち抜く。
逆境で友情と忠誠心をしみじみ感じる。
もつれた愛は、恨まれずに終止符を打つ。
交わされなかった和歌が語る、愛の濃さ...。
「書かれざること」を通して、物語が伝えたかった真実とは。
まるで騙し絵のような、ストーリーの多重奏。
確かな研究成果に支えられた、驚きの深読み。

第1部 できる男の処世術(できる男の青春;できる男の情熱;できる男の凄腕)
第2部 幸せを掴むための女の心得(少女が大人になる季節;結婚の夢と現実;女を演出する)
付録 資料編
『源氏物語』は極上のミステリーである。人脈と情報戦で政治力を駆使し、手紙と和歌と巧みな会話で人の心をつかみ、恨まれずに別れる。人生の達人・光源氏を通して描かれる、隠された真実とは。驚きの深読みが堪能できる、大人のための入門書。
著者紹介

高木和子[タカギカズコ]
関西学院大学文学部教授。1964年兵庫県生まれ。東京大学大学院博士課程修了、博士(文学)。源氏物語を中心に日本古代文学を研究。著書に、『源氏物語の思考』(風間書房、2002、第五回紫式部学術賞受賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●グーグル提供広告