« 「表現技術研究・第6号」(広島大学表現技術プロジェクト研究センター) | メイン | 『国文学 解釈と鑑賞』(2009年8月号)他に、植田恭代『源氏物語の宮廷文化 後宮・雅楽・物語世界』の書評が掲載されました »

2010年3月31日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●DVD「平安文学と琴曲 余明 王昭君を奏でる」(企画・編集 上原作和・正道寺康子)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

上原作和氏・余 明氏・正道寺康子氏よりいただきました。

本DVDは科学研究費補助金(若手研究B)「『うつほ物語』を中心とした平安前期言語文化圏におけるアジア文学・文化の影響」の研究成果の一部である。
2009.3.8に立教大学で行われたシンポジウム「〈琴韻〉のテクスト学構築のために 王朝物語史の中の東アジア文化」で演奏された古琴曲・琵琶曲が収録されている。
DVDと一緒に60頁に及ぶ付録冊子が付く。

中国の風景と合成された映像もあり、とても凝った作りがなされています。
おなじみの「荒城の月」の演奏も収録されていたりして、親しみやすさもあります。

気になった方は、上原作和氏、正道寺康子氏に連絡してみてください。

heiandvd.jpg

余明...七絃琴・琵琶
上原作和...企画・編集
正道寺康子...企画・編集

発行 2010年3月15日
制作 フラッグメディアサービス

【DVD 目次】

(1)関山月
(2)平沙落雁
(3)陽関三畳
(4)大胡〓(竹冠に加)
(5)昭君怨
(6)塞上曲
(7)荒城の月
(8)余明インタビュー

【付録冊子 目次】

(1)緒言...正道寺康子
(2)七絃琴について...上原作和
(3)平安時代の琴曲について...正道寺康子
(4)琴曲解説...上原作和
(5)参考資料
(6)余明氏略歴
(7)終わりに...上原作和


●グーグル提供広告