« 『NHK短歌』・『NHK俳句』2010年4月号(広告掲載) | メイン | 共同研究プロジェクト(C)「仮名写本による文字・表記の史的研究」第3回研究会(平成22年3月24日(水)、国立国語研究所) »

2010年3月19日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●二松学舎大学・広報誌 『學』 (まなび)Vol.25 他

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

五月女肇志氏よりいただきました

nisyo_kihou76.jpg

(左)二松学舎大学附属図書館 季報 第76号
2010年3月15日
発行:二松学舎大学附属図書館

【目次】
2 私の書誌学事始め 高山節也
3ブルガリア--セルビアの国境を越えて 菅原淳子
4 「かなし」いのは誰か。 五月女肇志
5 外国人として私が出会った日本文学 呉 英元
6 〈思い出の一冊〉巴金の『真話集』(真実を語る) 久保田美年子
7 『水滸伝』を読んでみませんか 阿部晋一郎
8 3月の開館日・開館時間案内  企画展案内

(右)nishogakusha news magazine " 學 "
Vol.25 2010.3
●『學』についての詳細はこちら

特集「笑い」
文藝にみる「笑い」として、狂言(大藏吉次郎氏)・近世文学×近世芸能(竹野静雄氏×中川 桂氏)・近代文学(瀧田 浩氏)・中国文学(伊藤晋太郎氏)と、4つの小論と対談、政治を描く「笑い」の対談が収録されています。また、教員エッセイのコーナーに磯水絵氏が登場しています。

●二松学舎大学のホームページはこちら


●グーグル提供広告