« コンテンツ文化史学会主催シンポジウム 「変容するコンテンツ文化とクリエイター -進化するアニメ、ゲーム、ノベルの可能性-」(2010年3月25日(木)、東京ビッグサイト) | メイン | 跡見学園女子大学文学部・コミュニケーション文化学科『コミュニケーション文化』vol.4 »

2010年3月25日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第137号』(平成22年1月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

北海道大学国語国文学会より頂きました。

kokugokokubun137.jpg

北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第137号』
ISSN0289-0488
平成22年1月28日発行・A5判並製・74頁

【目次】
○狩使本伊勢物語の復元本文/林 美朗
○平敷屋朝敏作『萬歳』と『狭衣物語』/萩野敦子
○「色は遂に独立するに至つた」
 --有島武郎文芸の芸術史的位置--/中村三春
○キリシタン版前期国字版本の仮名用字法について/白井 純
本学会発表要旨

〒060-0810 札幌市北区北十条西七丁目
北海道大学大学院文学研究科内
北海道大学国語国文学会


●グーグル提供広告