« 日本現代詩歌文学館・開館20周年 記念展「一握の砂 刊行100年 啄木に献ずる詩歌」開催中(2011年3月6日(日)まで) | メイン | 丸善丸の内本店~『Jブンガク』(東京大学出版会)刊行記念~ロバート・キャンベル先生 講演&サイン会(2010年4月9日(金)) »

2010年3月18日

 記事のカテゴリー : 受賞図書

●第11回紫式部学術賞、小川陽子氏『『源氏物語』享受史の研究』(笠間書院)に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

第11回紫式部学術賞に、小川陽子氏『『源氏物語』享受史の研究』(笠間書院)が選ばれました。

【5月12日(水)午後2時から京都商工会議所の講堂で、京都洛陽ライオンズクラブとの共催で、授賞式と記念講演会を開催致します。どうぞご自由にお越し下さい。】とのこと。

賞の概要、歴代受賞者などは公式サイトをご参照ください。

---

70469.jpg

小川陽子
『源氏物語』享受史の研究

ISBN978-4-305-70469-6 C3095
定価:本体15,500円(税別)
A5判・上製・カバー装・700頁

『源氏』は以後の人々に
どのように受けとめられたのか?

〈あるべき『源氏物語』の姿〉を追求するにあたって、〈創作〉という形をとった、『源氏』享受資料中特異な存在である『山路の露』と『雲隠六帖』。『源氏』の続編とも言うべきこの二作品を、伝本の問題を中心に解読する。また近世期『源氏物語』はすでに五十四帖という枠組みが出来ていたにもかかわらず、なぜこの二作品で、それを打ち崩すような出版が行われていたかなど、『源氏』享受史のなかの続編二作品の位置付けを目指す書。

『山路の露』と『雲隠六帖』の校本を収録。
(『雲隠六帖』は著者が発掘した堀田文庫蔵本を底本とした)

複雑で多様な中世『源氏』享受の実態を探る。


【研究編】

序章

第一章 『山路の露』論
 第一節 伝本二類の相互関係
 第二節 二類本の派生とその性格
 第三節 小君と右近の造型
 第四節 浮舟の造型と物語構成

第二章 『雲隠六帖』論
 第一節 伝本二類の相互関係
 第二節 二類本の伝流と享受
 第三節 伝本二類各本文の特色
 第四節 成立の背景と物語の性格

第三章 続編二作品の流布と享受
 第一節 中世『源氏物語』享受資料における続編
 第二節 近世『源氏物語』享受資料における続編
 第三節 版本『雲隠六帖』付載注釈書の性格
 第四節 近世における『山路の露』享受の一様相

結 章

【資料編】

『山路の露』校本
『雲隠六帖』校本

あとがき
索引