« 東京新聞(2010年2月15日)にて、人間文化研究機構 国文学研究資料館[編]『人情本事典 江戸文政期、娘たちの小説』が紹介されました。 | メイン | 西行自筆の和歌か 断簡、同時代と判明 中大教授(朝日新聞) »

2010年2月15日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国文学研究資料館・賛助会(友の会)のご案内

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

『国文研ニューズ』(No.18、2009冬、国文学研究資料館広報出版室)をいただきました。

第33回 国際日本文学研究集会「語られる人称・なぞらえる視点」(平成21年11月 28日(土)・29日(日))の報告などが掲載されています。
第34回は、2010年11月に開催予定とのことです。

さて、資料館を(勝手に)宣伝です。
友の会に入会してみませんか。国文学に関するディープな情報が定期的に得られますよ。


【国文学研究資料館・賛助会(友の会)のご案内】

●公式サイトはこちら

賛助会(友の会)会員募集要項

1. 募集対象
このご案内は、人間文化研究機構国文学研究資料館の事業趣旨に賛同する個人・団体を対象としています。
2. 会員期間
入会日から1年間
3. 寄付金
* 特別会員     一口 10万円
* 賛助会員(個人) 一口  3千円
* 賛助会員(団体) 一口  1万円
(口数は何口でもかまいません)

寄付金については、税制上の優遇措置があります。
* 個人:寄附金控除の対象
* 法人:損金算入を優遇
損金算入の限度額は、一般寄附金とは別に、限度額を設けて算入

4. 入会お申込みと寄附金払込みの方法
ご入会を希望される方は、下記「お問い合わせ」までご連絡くださいますよう、お願いいたします。ご連絡をいただきました方には、「国文学研究資料館賛助会会員募集のご案内」(申込書付)をお送りいたします。
(お申込みは随時受付けています)
5. 入会されますと次のような優待が受けられます。
1. 当館が開催する講演会、展示、シンポジウム、研究集会等の催し案内を送付いたします。
2. 当館が刊行する広報誌(概要・ニューズ)を送付いたします。
3. 特別会員、10口以上の賛助会員(個人)及び3口以上の賛助会員(団体)は、希望により館内に御名前(御社名等)を掲示いたします。
4. 特別会員及び10口以上の賛助会員(団体)は、希望により当館のホームページに御社名等を掲載いたします。
5. その他当館が主催する催しについて各種優待をいたします。

お問い合わせ
〒190-0014
東京都立川市緑町10-3
人間文化研究機構
国文学研究資料館 賛助会担当
電 話:050-5533-2910
FAX:042-526-8604
※土日祝日を除く


●グーグル提供広告