« 大岡信ことば館・開館記念特別展「ようこそ大岡信のことばの世界へ」その2 開催中(2010年3月30日(火)まで) | メイン | 「名古屋大学国語国文学」102号(2009.11.10)にて、中村誠『金子光晴 〈戦争〉と〈生〉の詩学』が紹介されました。 »

2010年2月 8日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●三浦佑之著『日本霊異記の世界 説話の森を歩く』(角川学芸出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

角川学芸文庫、高橋保子氏よりいただきました。

200911000164.jpg

日本霊異記の世界
説話の森を歩く

『日本霊異記』が映し出す8世紀に生きた人々の生き生きとした姿!

[ 著者 ]
三浦佑之

[ 内容 ]
日本霊異記はエネルギーに満ち、人はどのように時代を生きているのかをリアルに語りかける。社会が変動する時代の人々の姿は現代社会を映しだすかのようである。多彩な説話を現代語訳を駆使して自在に読み解く。 

発売日:2010年 02月 05日
定価(税込): 1575円
四六判
ISBN 978-4-04-703457-0-C0395
発行元:角川学芸出版

●公式サイトはこちら


●グーグル提供広告