« 全国大学国語国文学会サイト●研究レビュー・神野藤昭夫「希望の〈学〉としてのフォーラムをめざして 私たちの時代の〈坂の上の雲〉のために」 | メイン | 藤井貴志『芥川龍之介 〈不安〉の諸相と美学イデオロギー』(笠間書院) »

2010年1月21日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●三浦佑之著『平城京の家族たち ゆらぐ親子の絆』(角川ソフィア文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

角川学芸文庫、高橋保子氏よりいただきました。

200901000394.jpg

親子の断絶は八世紀、律令制度の成立から始まった!

[ 著者 ]
三浦佑之

[ 内容 ]
『万葉集』や『日本霊異記』に描かれる家族の関係は時代によって大きく異なっている。母と父で異なる子との関係、七世紀と八世紀で変容した親子関係、律令制の成立によって揺らぐ家族の様相を文学作品などから探る。

発売日:2010年 01月 23日
定価(税込): 900円
文庫判
ISBN 978-4-04-409414-0-C0195
発行元:角川学芸出版

●公式サイトはこちら


●グーグル提供広告