« 早稲田大学高等研究所・シンポジウム「近代学問の起源と編成」(2010年3月13日(土)、早稲田大学早稲田キャンパス) | メイン | 三浦佑之著『平城京の家族たち ゆらぐ親子の絆』(角川ソフィア文庫) »

2010年1月21日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●全国大学国語国文学会サイト●研究レビュー・神野藤昭夫「希望の〈学〉としてのフォーラムをめざして 私たちの時代の〈坂の上の雲〉のために」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

全国大学国語国文学会のサイトに、研究レビューとして、神野藤昭夫「希望の〈学〉としてのフォーラムをめざして 私たちの時代の〈坂の上の雲〉のために」が掲載されています。

●公式サイトはこちら

【私たちは自分の研究が、他者とどのような関係にあり、他者との関係のなかで、みずからの研究が連綿としてつづく学問の歴史の連環のなかで、どのような場を占め、意義あるものであるかについて自覚的である必要がある。】ということばが重く響きました。


●グーグル提供広告