人形浄瑠璃文楽「因協会」解散 70余年、公益法人改革の余波(産経新聞)

【江戸時代からの流れをくむ人形浄瑠璃文楽の三業(太夫、三味線、人形遣い)と女義太夫らの団体「財団法人人形浄瑠璃因(ちなみ)協会」は25日、大阪市内で総会を開き、平成22年1月31日に解散することを決めた。】つづきはこちら。産経新聞。