« 『出版ニュース2009.12月中旬号』で『日本文学からの批評理論 アンチエディプス・物語社会・ジャンル横断』が紹介されました | メイン | 『大学生のための 文学レッスン 古典編』(三省堂) »

2009年12月21日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『黎明の歌 詩人・加藤介春』(福岡市文学館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

福岡市文学館さまよりいただきました。

REIMEINOUTA.jpg

●公式サイトはこちら

黎明の歌 詩人・加藤介春

開催期間: 平成21年11月14日〜12月20日

内  容:
福岡の近代文学の黎明を拓いた先駆者(パイオニア)としての加藤介春を、彼が残した六冊の詩集を中心に未公開の詩稿ノートとともに紹介。現在、加藤介春の著作の殆どが稀覯本となっている現実を踏まえ、加藤介春の作品を紹介する「詩集」としても構成。

AB判 72p (定価800円 送料210円 重量235g)

お問い合わせは
福岡市総合図書館文学・文書課文学係 TEL:092-852-0606


●グーグル提供広告