柿本人麻呂の「かぎろひ」出現…奈良・宇陀(読売新聞)

【古代の大和朝廷の狩り場だったとされ、万葉歌人の柿本人麻呂が「東(ひんがし)の野にかぎろひの立つみえて—-」を詠んだ奈良県宇陀市大宇陀区で、台高山脈の尾根筋を金色に染める「かぎろひ」が見られた。】(2009年12月10日、読売新聞)
●続きはこちら