永井教授(国文学科)が、小林一茶関係の貴重な版木を発見!(奈良大学)

【小林一茶関係の版木を発見した永井一彰国文学科教授(近世文学)は12月8日、国文学科共同研究室で開催した報道陣対象の記者発表で、その版木を披露、発表しました。】
●続きはこちら
板木の画像あり●読売新聞(関西版)はこちら