« 坂口由美子編『堤中納言物語』(角川ソフィア文庫) | メイン | 高田 衛著『春雨物語論』ほか(岩波書店) »

2009年12月24日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●小川剛生著『日本史リブレット/ 78.中世の書物と学問』(山川出版社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

山川出版社さま、小川剛生氏よりいただきました。

YAMAKAWA_LIBRETTO78.jpg

日本史リブレット/ 78.中世の書物と学問

ISBN 978-4-634-54690-5
著者 小川剛生
価格 ¥840(本体¥800)
刊行 2009.12.21
仕様 A5変型判・120頁

解説 中世の人びとはどのように書物を利用し、学問を紡ぎ出したのだろうか。数多くの書物の中から、規範となる古典が選別されると、引用され分類され注釈され、新たな書物が生まれ、少しずつ学問の体系が作られていく。こうした古典研究の展開を辿りながら、中世の学問の一端に触れる。

●公式サイトはこちら


●グーグル提供広告