« 西尾市岩瀬文庫 企画展「田中長嶺〜知られざる明治殖産興業のパイオニア〜」(平成21年11月14日(土)〜22年1月17日(日)) | メイン | 笠間書院のメールマガジン [066号]刊行しました »

2009年11月13日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●江戸戯作4千作を移譲 専修大図書館へ(朝日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【江戸後期の庶民の娯楽読み物だった戯作(げさく)のコレクションが、専修大学図書館(川崎市多摩区)に移譲された。約4千作、計3万5千冊で、国立国会図書館の収蔵数に匹敵するという。集めたのは市井の個人、東京の会社員向井信夫さん(故人)だった。 】
朝日新聞・渡辺延志さんの書名記事。全文はこちらから。

なお、専修大はコレクションの一部を、東京・池袋の東京芸術劇場5階のギャラリーで展示する。
以下、参照のこと。
●東京芸術劇場・専修大学図書館特別展「二つのモダーン --江戸文化とフランス革命--」(2009年11月17日(火)~11月22日(日))


●グーグル提供広告