« 田口章子編『元禄上方歌舞伎復元 初代坂田藤十郎 幻の舞台』(勉誠出版) | メイン | 中世掛幅縁起絵研究会 シンポジウム(2009年12月12日(土))&展示「中世説話画研究の現在−模写・トレース・復元−」(12月8日(火)〜12日(土)、ともに学習院大学) »

2009年11月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本女子大学国語国文学会秋季大会【含・工藤直子氏講演】(平成21年12月5日(土)、日本女子大学目白キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

学会情報です。
----------------------------------------

●公式サイトはこちら

日本女子大学国語国文学会秋季大会開催のお知らせ

日時 平成21年12月5日(土) 午前10時より
場所 日本女子大学目白キャンパス百年館低層棟5階505教室
申込み不要、参加費無料

【午前の部:研究発表(10:00〜12:00)】

「鮎釣り譚」
岩田芳子(本学文学研究科日本文学専攻博士課程後期3年次)

「大江健三郎『僕が本当に若かった頃』論
 −二人の<家庭教師>の仕事を中心として」
鈴木恵美(本学文学研究科日本文学専攻博士課程後期3年次)

「夢野久作の<童話>
 −探偵小説作家以前の夢想」
伊藤里和(本学学術研究員)

【午後の部:講演(13:30〜16:30)】

「中国はいかにして中国になったか?」
谷中信一(本学教授)

「詩(うた)がうまれるとき」
工藤直子氏(詩人・童話作家)

※工藤直子(くどう なおこ)氏略歴
1935年生まれ。お茶の水女子大学中国文学科卒業。詩人・童話作家。
1983年『てつがくのライオン』で第16回日本児童文学者協会新人賞、1985年『ともだちは海のにおい』で第32回サンケイ児童出版文化賞、2008年『のはらうたV』で第46回野間児童文芸賞を受賞。詩集、絵本からエッセイ集、さらには翻訳まで幅広く手掛ける。

◎懇親会
大会終了後、七十年館1階生協食堂にて 会費3000円(学生1500円)

《アクセス》
・JR山手線 目白駅 徒歩15分
または
バス約5分 日本女子大学行きスクールバス(学05)
「目白駅前」乗車「日本女子大前」下車
新宿駅西口・椿山荘行き都バス(白61)
 「目白駅前」乗車「日本女子大前」下車
・東京メトロ副都心線 雑司が谷駅(3番出口) 徒歩約8分
・東京メトロ有楽町線 護国寺駅(4番出口) 徒歩約10分

問い合わせ先:日本女子大学日本文学科研究室  Tel 03-3943-3131(内線3522)


●グーグル提供広告