« 筑紫女学園大学 公開講座「日米女性MANGA --境界を越えた共生--」(2009年12月13日(日)、福岡アジア美術館) | メイン | 古事記学会・12月例会(平成21年12月19日(土)、学習院女子大学) »

2009年11月30日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●明治大学国際日本学部特別シンポジウム「ヴィジュアル・カルチャーと漫画の文法--ティエリ・グルンステンを迎えて--」(2009年12月23日、リバティーホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。
--------------------

●公式サイトはこちら

【明治大学国際日本学部特別シンポジウム】
ヴィジュアル・カルチャーと漫画の文法----ティエリ・グルンステンを迎えて----

[日時]2009年12月23日13時半〜18時(2部構成・質疑あり)

[場所]リバティーホール(明治大学駿河台校舎 リバティタワー1階)

[主催]明治大学国際日本学部  [後援]国際交流基金

[プログラム]
13時30分〜学部長挨拶     
13時35分〜グルンステン氏の紹介 [総合司会:高山宏] 
1340分〜15時15分  
<第一部>『線が顔になるとき』をめぐって~視覚文化論の立場から
荒俣宏 × 高山宏
----休憩(15分)----
15時30分〜17時30分
<第二部>『マンガのシステム』をめぐって〜国境を越えたマンガ論の試み
グルンステン×竹熊健太郎×伊藤剛(司会:藤本由香里)
*質疑応答(17時30分〜17時45分)
17時45分〜18時
<終わりに>高山宏 × グルンステン
18時   閉会のことば[総合司会:高山宏] 

●情報はこちらのブログ(相互に旅をする人)からいただきました。


●グーグル提供広告