安田女子大学・言語文化研究所特別講演会「アイヌと近代」講師:丸山隆司氏(2009年11月28日(土))

講演会情報です。
——————–
●公式サイトはこちら
言語文化研究所特別講演会「アイヌと近代」のお知らせ(2009.11.4up)
本学言語文化研究所が特別講演会を開催します。ぜひお越しください。
●講師 丸山隆司 藤女子大学教授
1948年、京都市生まれ。東京都立大学大学院博士課程単位修得退学。藤女子大学文学部日本語・日本文学科教授。専攻は日本古代文学/アイヌ語/アイヌ文学。著書に『古代日本文学と文学』(おうふう刊)、『<アイヌ>学の誕生』(彩流社刊)等多数。
●演題 アイヌと近代 −知里幸恵『アイヌ歌謡集』を中心に−
1903(明治36)年、北海道・登別に生まれた知里幸恵は、『アイヌ神謡集』という1冊の本を残し、1922(大正11)年、帝都・東京で、19歳で亡くなる。この知里幸恵というアイヌの女性の生涯をたどりながら、アイヌの人々にとって近代とはどのような時代であったかを考えて行く。このことは同時に、日本人と日本の国家の、異民族への関与のあり方を問うことでもあるだろう。
●日時 11月28日(土) 14:00〜16:30
●会場 安田女子大学8号館3階 8303教室
●申込・参加費 不要
●問い合わせ 082-878-9584(杉本研究室)